人気ブログランキング |

『さらわれた赤ちゃん』出版について その1

 小児脳神経外科として、「事故と虐待の区別がオカシイ」とやむにやまれぬ気持ちで、児童虐待の中の「乳幼児の頭部外傷の扱い」の一部に、異議申し立てをしています。
 それは医学の問題ですが、社会・行政の問題としては、児童虐待と間違えられ、長期に無用で有害な一時保護や入所処置を受けている親子が多発している事にも、NOと申します。
 本の副題は、「児童虐待冤罪被害者たちが再び我が子を抱けるまで」です。ノンフィクションです。
 12月23日から 全国発売です。 税込み1320円です。アマゾン申し込みは25日からとか。
 幻冬舎から出版ですが、紙媒体での広告宣伝はありません。
 この点、皆様の口コミに期待するところ、大です。
『さらわれた赤ちゃん』出版について その1_d0194377_10180349.jpg

by fujiwaraqol | 2019-12-28 15:30 | 藤原QOLからのお知らせ


藤原QOL研究所からのお知らせ


by fujiwaraqol

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る